東洋圧造株式会社
Company Profile

会社概要
□会社沿革
事業内容
設備概要
最新情報
お問合せ
ホーム

 

日東精工株式会社

会社沿革
昭和32年3月
伊勢崎市曲輪町において
資本金2,000千円にて創業
昭和36年9月
伊勢崎市宮子に本社工場を建設移転
資本金8,000千円となる
昭和38年11月
資本金24,000千円となる
昭和39年7月
日本工業規格表示工場となる
昭和40年3月
熱処理工場を新設、連続調質炉、
高周波熱処理炉を新設する
昭和45年10月
資本金36,000千円となる
昭和54年5月
現在地に新工場完成し移転する
昭和62年5月
日東精工株式会社、東和銀行関連会社の
資本参加により資本金50,000千円となる
平成2年3月
資本金90,000千円となる
平成12年5月
資本金180,000千円となる
平成14年2月
ISO9001-2000認証取得
平成17年6月
資本金90,000千円となる
平成19年12月
日東精工株式会社の100%子会社となる



事業展開
弊社は昭和32年以来、群馬県で創業し今日まで近隣のお客様は元より全国のお客様に育てて戴きました。現在、自動車用機構部品、締結部品を中心に事業展開を致しておりますが、通常のボルトから脱却し、特殊部品化、冷間圧造部品とプレス部品等とのドッキング等新しい部品加工に取組み展開致しております。
 当社の親会社である日東精工との連携強化により技術提案型企業を目指しています。


Copyright © 2000 TOYO ATSUZO Co.,LTD All Rights Reserved.